無知から始める「Unreal Engine」

無知から始める「Unreal Engine」

このブログはゲームクリエイターを目指すために専門学校等へ進学しようとしている高校生や専門学校等入学一年目の方々など「unreal engine」を学びたい人向けのブログです 主にUE4(Unreal Engine)でゲームを作る方法を載せています

UE4 便利な分岐系ノードの紹介!

f:id:xTOYOx:20200125145956p:image

今回は場合によって出力先を変更するという便利なノードを紹介していこうと思います

必ず制作等で役に立つので必ず覚えていってください

今回は全部で3種類紹介したいと思います

 

 

一つ目に紹介するのは

【Branch】

 

f:id:xTOYOx:20200124182145p:plain

このノードは

「conditionに繋げた式がTRUEかFALSEかで出力先を分岐させるノード」

です

このノードはBlueprint上で

[Bキーを押しながらの左クリック]でショートカットで出すこともできます

 

このノードの使用例

「SUUZI」という変数の値が「0」ならTRUE方向

つまり「Hello」と書かれた「Print String」に出力され

値が「0」でないならFALSE方向

つまり「Goodbye」と書かれた「Print String」に出力される

f:id:xTOYOx:20200124182342p:plain

 

二つ目に紹介するのは

【Sequence】

f:id:xTOYOx:20200124182848p:plain

このノードは

「複数の分岐先に出力できるようにするノード」

です

このノードはBlueprint上で

[Sキーを押しながらの左クリック]でショートカットで出すこともできます

 

簡単な説明

一つにしか出力できないものを複数に分岐させることができます

出力される順番は「Then 0」から大きい方へと順番に出力されていきますが

正直順番に出力されていく様子が速すぎてほぼ同時に複数の出力先へ出力されます

言い換えると一つの出力を複数に出力できるように変換するようなものです

f:id:xTOYOx:20200124183252p:plain

 

また、ピンを追加をクリックすることで出力先を増やすこともできます

f:id:xTOYOx:20200124183620p:plain

 

このノードの使用例

1秒ごとに「Hello」の「Print String」へ出力され

10秒ごとに「Goodbye」の「Print String」へ出力されるノードです

「Sequence」を使えば1つへしか出力できない「Event tick」を複数へ出力できるということです

f:id:xTOYOx:20200124183717p:plain

 

三つ目に紹介するのは

【Switch on Int】

f:id:xTOYOx:20200124184025p:plain

 このノードは

「Selectionに繋げられたint型の変数の数値によって出力先を変えるノード」

です

 

このノードの使用例

「SUUZI」の値が「0」の時は「Print String」「0」に出力され

「SUUZI」の値が「1」の時は「Print String」「1」に出力され

「SUUZI」の値が「2」の時は「Print String」「2」に出力されるノードです

ピンを追加をクリックすると出力の分岐が増えます

f:id:xTOYOx:20200125132917p:plain

 

追記

 デフォルトでは分岐の値は「0」から始まっていますが

「Switch on Int」のノードをクリックすると右上のような覧が出てきます

「Start Index」の値を変更することで初期の値が変わります

(例)値を1に設定した場合 1→2→3

   値を100に設定した場合 100→101→102

f:id:xTOYOx:20200125133157p:plain

 

f:id:xTOYOx:20200125134708p:plain

 

 

いかがだったでしょうか?

これらのノードを活用して

自身のゲーム制作で最適化や機能の実装を行ってみてください

 

見てくださった方は下のリンクをクリックしていただけると助かりますm(_ _)m

 ☟


ゲーム開発ランキング

Unreal Engine 4 でも使える!【フリーフォント】の探し方

f:id:xTOYOx:20200120214944p:image

今回は、Unreal Engine 4 だけでなく パワーポイントや編集ソフト等で使用できる

フリーフォントの探し方を記事にしたいと思います

 

 

まず一つ目は

「日本語フリーフォントbot

twitter.com

このTwitterアカウントでは多くの日本語のフリーフォントが掲載されています

日本語のフリーフォントは貴重なので必ずチェックしておいたほうが良いです

 

 

二つ目は

「2020年フリーフォントまとめ」

coliss.com

 このサイトも日本語のフリーフォントを探す上で非常に便利なサイトです

この上記の二つで十分なほどに日本語のフリーフォントが集まるでしょう

 

ん?英語のフリーフォントも欲しいと

大丈夫ですうってつけのサイトがあります

 

 

三つ目は

「DaFont」

www.dafont.com

 英語のサイトが唯一の難点ですが

英語から一風変わった特殊なフォントまでほぼ全てがそろう

僕が一番愛用しているサイトです

一つ気を付けてほしいところはライセンスの問題です

ダウンロードの上に書いてある文字によって利用規約が変わったりするので

そこらへんはきちんと守るよう心がけましょう

f:id:xTOYOx:20200120213554p:plain

この上側の覧がカテゴリーです

f:id:xTOYOx:20200120213709p:plain

 

これで以上です

この3つを駆使することで必要なフォントは全てそろうかと思います

まあ有料のフォントの方が良いのは確かなので(特に漢字系)

どうしても探してみてなかった場合は有料フォントを購入するようにしましょう(笑)

 

 

見てくださった方は下のリンクをクリックしていただけると助かりますm(_ _)m

 ☟


ゲーム開発ランキング

リクエスト募集します!

f:id:xTOYOx:20200117141309p:image

こんな機能を実装するやり方を教えてほしいなどの

リクエストがあれば以下のお題箱というサイトに

送ってください!

リクエスト 何でもいいので気軽に送って来てください

できる限り対応していきたいと思います

 

例) フックショットアクションを実装したい!

      壁を登りたい!

      カメラを振動させたい!      

                                                                      など

 

odaibako.net

https://odaibako.net/u/ToYoUe4

 

見てくださった方は下のリンクをクリックしていただけると助かりますm(_ _)m

 ☟


ゲーム開発ランキング

 

次のゲームを作ってみよう FPS編 Part7 [ラスト]

f:id:xTOYOx:20200114180242p:image

今回の記事は前回の記事の続きです

全7パートあるうちの今回は7回目です

とうとう今回で最終回です

 最後も頑張っていきましょう

 

Part7に入っている要素は

[タイトルの作成、強制終了、リスタート]

の3つです

 

 

基本は下のスライドを見ながら作成していただけると幸いです

スライドの下に動画も張っておくのでわからないときは両方みると

解決できるかもしれません

 
 

うまくできましたでしょうか

今回の制作で沢山の知識を手に入れてくれていることを願います

 

今回でラストです

次回以降は何個か記事を挟んだ後で横スクロールのゲームを作成していきたいと思います

ゲームを作ってみようシリーズは一応横スクロールのゲームでラストです

 

今回で得た知識を自身の制作に活かしていってください!

 

見てくださった方は下のリンクをクリックしていただけると助かりますm(_ _)m

 ☟


ゲーム開発ランキング

 

 

次のゲームを作ってみよう FPS編 Part6

f:id:xTOYOx:20200114161900p:image

今回の記事は前回の記事の続きです

全7パートあるうちの今回は6回目です

 

Part6に入っている要素は

[難易度表示、HP表示、照準の再表示、リザルト表示、落下時ゲームオーバー]

の5つです

 

 

基本は下のスライドを見ながら作成していただけると幸いです

スライドの下に動画も張っておくのでわからないときは両方みると

解決できるかもしれません

 

うまくできましたでしょうか

一週間で完成できるプランです 1回あたりの量はそこまで多くないと思います

全部でpart7まであるので是非作ってみてください

 

次回でラストです

最後まで頑張っていきましょう!

 

見てくださった方は下のリンクをクリックしていただけると助かりますm(_ _)m

 ☟


ゲーム開発ランキング

次のゲームを作ってみよう FPS編 Part5

f:id:xTOYOx:20200107231543p:image

今回の記事は前回の記事の続きです

全7パートあるうちの今回は5回目です

 

Part5に入っている要素は

[ゲームモードの作成、スポーンの頻度調整、ダメージ]

の3つです

実際は他の要素も多く入っているのですが今回は

今後のパートの準備といった感じのパートです

 

基本は下のスライドを見ながら作成していただけると幸いです

スライドの下に動画も張っておくのでわからないときは両方みると

解決できるかもしれません

 

うまくできましたでしょうか

一週間で完成できるプランです 1回あたりの量はそこまで多くないと思います

全部でpart7まであるので是非作ってみてください

 

見てくださった方は下のリンクをクリックしていただけると助かりますm(_ _)m

 ☟


ゲーム開発ランキング

次のゲームを作ってみよう FPS編 Part4

f:id:xTOYOx:20200104184523p:image

今回の記事は前回の記事の続きです

全7パートあるうちの今回は4回目です

 

Part4に入っている要素は

[スポーンポイントの実装、スポーンした的と弾の色変更]

の2つです

 

基本は下のスライドを見ながら作成していただけると幸いです

スライドの下に動画も張っておくのでわからないときは両方みると

解決できるかもしれません

 

うまくできましたでしょうか

一週間で完成できるプランです 1回あたりの量はそこまで多くないと思います

全部でpart7まであるので是非作ってみてください

 

見てくださった方は下のリンクをクリックしていただけると助かりますm(_ _)m

 ☟


ゲーム開発ランキング